子どもへの期待?(絵本読み聞かせ)   

子どもを初めて宿した頃、もう6年も前のことになりますが。
こういう母になりたいとか、子どもにこういうことをしてあげたい、とか、あまり考えず過ごしていたんです(笑)。
妊婦検診の待合室に置いてある世間の妊娠・子育て雑誌を読んでビックリしましたよ・・みんないろんなこと考えてるんだ!と。(教育方針、知育とか、自然育児とかetc)

でも、本能的に思っていたことが3つだけあって。
●布おむつで育てたいなあ
●母乳で育てたいなあ
●いろんなお話を聞かせてあげたいなあ(絵本)

生まれてから、絵本を少しずつ買いそろえ、機嫌の良いときに読んであげて・・
自分も楽しみながら・・
膝の上で読んであげる幸せってのもありますね♪
そのおかげかは知らないけれど、今のところ2人の子は絵本好き、お話好きであります。

↑ これが、まあ、自然な絵本読みスタイルなんだろうと思ってたんですが、”絵本読み聞かせ”とかで検索したら、!!!な記事によく出会いました。たとえば・・
・赤ちゃんから読み聞かせすることで、成績UP!(賢い子になる)
・1日○冊は読み聞かせしよう!
・知恵袋では「小さい頃から読み聞かせすると、やっぱり小学校行って成績違いますか?実績を知りたいです」

なんか、こんな記事に踊らされて、1日10冊読むぞ!とか、必死でやってた時期があるんですよ、私。
あと、絵本から早く文字を覚えてもらおうと企んでたこともありました、私。

私は大変賢いので(笑)・・というか、私は大変感性が素直なんで、あるときに、これは私がやりたかった子育て(ふれあい)とは違う・・と感じ、こういうやり方は辞めました。

そーだよねと思ったのは、
知恵袋の質問「小さい頃から読み聞かせすると、やっぱり小学校行って成績違いますか?実績を知りたいです」
知恵袋の答え
(A氏)「やっぱり違いますよ。他の子に比べて良くできてると思いますetc」
(B氏)「読み聞かせ経験者です。読み聞かせのおかげかは分かりませんが、二人とも国公立大学行きました。」
(C氏)「うち、やってましたが、成績がよいわけではないです。読み聞かせと成績は無関係と思います。」
(D氏)「”賢い子になるらしいから”、”情緒が安定するらしいから”
という効果を期待して読み聞かせをする人が多いのは悲しい。触れ合いを楽しめばいいのに。」
etc
なるほど。

とにかく、親ってのはいろいろ期待するんですね。何で、成績を期待するん?とは思いますが(笑)。

が、こういう私も期待はしてるわけです。物語から、楽しさが分かる子ども、わくわくする子ども、へ~っと驚く子、私はこう思うと考える子になって欲しい、みたいな期待をしているわけです。

親それぞれで、親の感性が”いいな”と思うもの・考え方を持てばいいんでしょうけどね。

自由な時代、情報過多の時代は・・・感性が問われるなぁ…と思った今日この頃です。

by atsu_com | 2015-11-20 12:30 | 日誌。 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< マイナンバー通知が届く! 淀川・寛平マラソンにエントリー! >>