アリの観察   

島根から帰省しました。
前回の記事で「アリの観察」の続きが切れてました。(どうも、実家でダイヤルアップでのネット接続はお金が気になって仕方がない・・・なので、途中で投稿を断念(笑))





実家では、親戚の、いとこGALと戯れてました。
いとこGALは一応、関西の都会ッ子。
島根の田舎はいろいろ発見があるようです。

******
いとこGALはうちの実家の広大な庭にうずくまり
いとこGAL 「うわ~、アリがいっぱい! アリの巣を見つけたいよぉーーーー」
Atsu 「さ~て、どうやって巣を見つけたら良いと思う?」
正直、うちのベルサイユ宮殿の庭並に広い庭では、大変である。

いとこGALは頭を悩ませましたが思いつかない様です。

Atsu 「わざと、餌をおとして、どこへ運ぶかを観察したら巣が見つかるよ」

そういうわけで、もみじまんじゅうをちぎって庭に置くことになりました。

いとこGAL 「うわ~。なんかね、4種類のアリがいるで~」

確かに、赤い小さいアリ、黒い中くらいのアリ、大きい黒アリ、中くらいの茶色いアリ、が居た。

順調にそれぞれのアリが餌を運んでいく。私は「中くらいのアリ」の追跡を担当した。
アリって、結構早く歩くんですね。Atsuもビックリ。しっかり見ていないと見失いそう。

いとこGALは「大きい黒アリ」の追跡を担当していて、しばらくすると
「Atsu姉!! 巣を発見した!」との報告が入り、すぐに駆けつけた。
そこには直径1.5cmの穴があった。

いとこGAL 「・・ねえ・・巣を掘り返してみたいねん・・」
Atsu 「うーん。アリさんも、一生懸命つくった巣だから、掘り返すのはかわいそうやん?」

・・・しかし、私も、幼い頃、たくさんの巣を掘り返していた事を思い出し・・・
Atsu 「まあ、向学のために、特別にやってもええよ」

掘り返すと、あちこちに分岐した巣の形態が現れる。怒ったアリが続々と、穴から出てくる。

いとこGAL 「あんな~、巣に水を入れてみたいねん・・・」
Atsu 「うーん。でも、アリさんが、かわいそうやん?」

・・・しかし、私も幼い頃、巣に水攻めをした事があったんで
Atsu 「まあ、向学のために、特別にやってもええよ」

(自分がやってみたいだけか?)

そうやって、楽しくアリの観察をしました。都会ッ子ってなかなかアリに遭遇しないかもしれないですね。それに、地面をじっと見つめることも意外に無いのかもしれません。

1時間後には
いとこGAL 「イモリの観察がしたい・・・」 と言い出して、次に裏庭の池でイモリ観察をするハメになりました。

まあ、島根の田舎では、観察するものにことかきませんね。
幼い頃の自分を思い出しました。
[PR]

by atsu_com | 2005-08-17 23:57 | Comments(2)

Commented by Pon at 2005-08-18 06:49 x
アリの巣攻めを見てついつい爆笑(_ _)ノ彡☆アハハ!! バンバン!!

俺も子供のころ奈良でやってました☆
洪水実験も(^^;

が最近の子供はあんましないのか昆虫の人に対する警戒心が薄れてますね@奈良
セミも最近では簡単に手で捕まえれるらしい。
昆虫ブームも昆虫は「店で買うもの」って感じがしてなんだか残念ですw
Commented by atsu_com at 2005-08-23 01:32
Re:
★Ponさま>
ギャハハ、みんなやってたんだ!
昆虫の警戒心・・・セミは鈍いだけかと思ってました(^^;)うちのマンションにもよく手すりにしがみついててジッとしているし。

しかし、蝶やトンボはカメラで捕らえようとしてもなかなか、敏感なので手強いですわ。
名前
URL
削除用パスワード

<< ●雲の誕生 時々刻々 【富士登... 島根Days >>