弟の結婚披露宴・・ってか!(その2)   

披露宴の前の「両家顔合わせ」というのが12時~だったので、K家一族(全員西日本)は前日からホテル入りした。
親族だから知っている人ばかりと思いきや、普段見かけないご夫婦が。
父の姉夫妻ということだった。(いわゆる伯母夫妻である)
ロビーで合流するやいなや、その伯母の旦那さんが、
「あんたが、カズユキ君(弟)のお姉さんかね?早う、結婚せにゃー、ババァになってしまうで!」

悪いけど、初対面やけど回し蹴り。
あまり知らない人なんで、乗り突っ込みする気も無く、苦笑い。
全く失礼な言い方よね!ぷんぷん!
(しかし、披露宴が終わる頃には、この旦那さんと意気投合することになる・・)

*********
夜は明けて、披露宴当日。
「両家顔合わせ」という奴で、それぞれの控え室でスタンバった。
桜茶(?)というおめでたいお茶をすすりながら待つが、のどが乾く・・。
母が「のどが渇くねぇ、ビールでも買って来ようかねぇ」
私はそんな母を制止し、とにかくじっとしておいてくれ!頼むから!と命じた。
母は親族たちに「今日の披露宴は飲み放題じゃけぇね!しっかり飲んじゃんさい!」と誇らしげに伝えた。
(汗)

親戚の一人が「普通は、両部屋の間がシャッターの様に上がるんじゃけど、ここは完全に壁になっとる」と言って丈夫な壁を確認するかのようにドンドン叩いた。

ところが、その壁が、まるで八百屋でも開店するかの様に上に持ち上がったのだ!
初対面の緊張の瞬間・・(ねるとんパーティーのご対面ほどは緊張しなかった)。

向かい合わせになった両家一族。
新婦側は「岸谷(きしや)」家である。

弟「ではK家側から紹介します。(父が体調が悪いため)親族を代表して斉藤さん(=母の従兄弟)から紹介があります。」

き、緊張・・!
しかし、
斎藤おじさん「え~、正面が新郎の「かずひろ」君です」と、いきなり新郎の名前を間違え、K家は小さな爆笑をしてしまった。 新婦側一族は小さな苦笑(汗)

そして、
斉藤おじさん「その横が、新郎の父「ひろし」です」と、今度は父の名前を間違え、K家はこらえきれず、中ぐらいの爆笑。

(コレは斉藤おじさんの作戦か?和やかなムードになってきたぞ!?)

その後も順番に紹介したのだけど、一体誰がどんな関係の人なのかわからない紹介の仕方で、終始、K家は小笑い。
斉藤おじさんは「シナリオ」見ながらやっているというのに、間違いだらけ。
(斉藤おじさんはK家の中では”勝ち組”の人だと聞いていたけど・・怪しいもんだ)

新婦の岸谷家側は、自分自身で自己紹介をするという形式で、当然間違うことなく終了した。
(どうして、同じようにやらないのかな?コレってルールなの?)

その後、親族一同で写真撮影。
こうして新しい大きな家族が結成された。
岸谷家には申し訳ないけど、こんなK家の遺伝子がお宅に紛れ込むことになるんですよ。

さて、次はやっと披露宴会場へと移動することに。

(つづく)
[PR]

by atsu_com | 2007-08-06 21:05 | 日誌。 | Comments(2)

Commented by 紅子 at 2007-08-13 18:01 x
あはは、名前の間違い度忘れってあるんだよね。
従兄弟の結婚式で伯父は私の苗字を忘れ、新婦の父は隣に座っている妻の紹介を忘れた。
ついでに私の隣は初対面の同姓の他人(彼は母方の従兄弟。私は父方の従兄弟)。しっかり新婦側の方に夫婦だと思われた。
二度と新婦のご親戚のみなさまに会うことはなかろうとそのままにしておいた。
Commented by atsu_com at 2007-08-20 22:09
★紅子様>
はは~、そうか、どこでもあることなんですね(笑)
緊張してるからそうなるのかしらね。

ま、おかげで場が和みました。(相手親族はどう思ったかはしりませぬ)
名前
URL
削除用パスワード

<< 奈良・燈花会 始まってます! ... 弟の結婚披露宴・・ってか!(その1) >>