◆魔法の薬、調合中   

おとぎ話に出てくる魔女は、白雪姫たち(主人公)をおとしいれようと、なんだかえげつない色の魔法の薬をぐらぐら煮て調合する・・・ そんなシーンが目に浮かびます。
そんな私も今回初めて、魔法の薬の作成に取り組んでおります。
b0010882_21503342.jpg
いえ・・ 「栗の渋皮煮(マロングラッセ)」を作ってるんざんすがね。
レシピどおり
◆重曹を入れて10分煮立て、アクを抜きます。(これを3回繰り返す)
ってのをやったんですが、煮汁がすんごいえげつない色になったんで、ちょっと怯んでしまったのです。
コンロの周りにも、えげつない色の汁が飛び散って・・、こ、怖~い!!
写真はあく抜き後の図なのでずいぶん色がマシですが。
この後、
◆普通の水で10分煮立て、さらにアクを抜きます。(これを2回繰り返す)
◆砂糖を加えシロップにし、30分煮立てます。
な~んて工程が待っております。
完成までの道のりは長い。魔女にも忍耐がいるのであります。
[PR]

by atsu_com | 2007-10-25 22:01 | 雑記・アイデア | Comments(2)

Commented by Rico at 2007-10-25 22:08 x
タコ・・?ではなくて栗だったやね^^;

マロングラッセ・・大好物です。
私がまだいたいけな幼少の頃・・
それを知ってた父が神戸の土産に買ってきてくれて・・
それが思った味ではなくて・・
でも、それが言えないくらい思いやりという言葉を持参していた頃で・・
「やっぱり美味しいね*^^*」と言ってしまったせいで・・
私は『ロマングラッセ』が好きだということになってしまった。。
それ以来・・マロングラッセを食べたことがない・・
Commented by のん at 2007-10-26 12:08 x
マロングラッセ...上品な味わいですが、作るのってこんなにも時間と手間がかかるんですね!!
う〜む、これからはもっとじっくり味わって食べないと(笑)
そう言えば、小豆を使ったもの(ぜんざい・おしるこetc.)もそのくらいの手間がかかったような?

完成したら、またBlog記事で教えて下さいね(^^)
名前
URL
削除用パスワード

<< ◆赤福について 弟の披露宴 第2回? >>