カテゴリ:旅・バイク( 92 )   

山口県萩cityへ   

萩・指月城
b0010882_18311797.jpg
こんにちは~。
GWは夫のリクエストにより、帰省先からちょいと足を伸ばした場所にある、萩cityを観光しました。
というのも、夫がNHK大河ドラマ「花燃ゆ」に はまってまして、”松陰先生~!”的な塾生のノリで(笑)
私も久しぶりに指月城へ来ましたが、青い空に・新緑・水面の輝き~、ああこんなに美しいところだったのねと再発見いたしました。

b0010882_18311743.jpg
とはいえ、子どもたちにとっては「松陰先生~」とか「毛利の城~」とか、ワケワカメだろうから、萩八景遊覧船という船に乗ってみました。
暑い日差しをさえぎり、水辺を進む船は・・・またまことに気持ちの良いものでした。

b0010882_18311635.jpg
そして、夫の本命、松下村塾へ。(このころには子どもたち車で爆睡で、ばあば(私の母)に見守り役をお願いした。)
しかし、この小さな塾にどうして優秀な(=志高き)人材がごっそり集まったのか、不思議である。
長州の人間は熱いんばい?

b0010882_18311745.jpg
松蔭神社の入り口にある立て札。ふっと目にはいったので、読んでみました。
「親思うこころにまさる親こころ けふの音づれ何ときくらん」
松蔭先生が処刑される前に詠んだ辞世の句だそうです・・・・ 私、知りませんでした!!!
”親思う心にまさる親心”ってことわざみたいな感覚では知ってたんですけどね。
今回の旅で、私個人的に一番、心に残ったシーンになりました。

んで、この観光に行った翌日だっけかな?イコモスってとこが世界遺産の登録勧告で萩(松下村塾、他)を含めた数箇所を「明治日本の産業革命遺産」
として勧告したってニュースが!いや~、旬な時に萩に行ったぜ(^^)と、夫とともに喜びましたよ。

いつも寄ってくださりありがとうございます♪にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

[PR]

by atsu_com | 2015-05-07 21:29 | 旅・バイク | Comments(0)

筒賀温泉   

b0010882_17435681.jpg

雲海もどきの朝景色。

ホテルの職員さんに 「ここではこんな景色が毎日見れるんですね~♪」とはしゃいで言ったら、
「いえ、こんな景色、1年のうちにあるかないかですよ。珍しいことですよ!」と、職員さんもはしゃいでデジカメ撮影をしてはった(^^;)

今日という日は、今日しかないんだね。

続きを読む・・
[PR]

by atsu_com | 2012-01-26 17:55 | 旅・バイク | Comments(7)

井仁の棚田   

b0010882_22201330.jpg

棚田の風景は四季折々のいろんな顔を見せるので好きです。
代掻き後の鏡の様な水面、そこに反射する朝~夜の空、青い苗~黄金に実るまで、刈り取り後、積雪の冬・・・生き物のようです。
忘れてはならないのは、そこに農家の”人”の介入があってこその美しさだということ。
手を入れてこその里山の美しさ。

>>続きを読む>>
[PR]

by atsu_com | 2012-01-12 22:38 | 旅・バイク | Comments(4)

え?元祖せんとくん?@善光寺   

長野県に来ております。七味を買いに善光寺付近散策をしてましたら、むむ!?せんとくん!?

私「見て見て!せんとくんそっくりや~」って写メてたら、後ろでも「せんとくんに似てない!?」とか「つのが無いせんとくんやん!」とか人だかりand写メだかり。

あ~、せんとくん、長野でまで知名度が高いのね~!って感激した日でした。

さて、一連の騒動でたちまち全国区になったせんとくんですが、何のためのキャラクターかはほとんど知られていないのが実態だとか(涙)

奈良県民としてはかなすぃ~
[PR]

by atsu_com | 2008-09-25 16:10 | 旅・バイク | Comments(0)

新婚旅行へ行ってきます!   

結局、墓やろ?とか
興味はあるけど呪われそう?とか
最近、ガサ地区で暴動あったで、危険やで!!とか意外と良い意見を得られなかったエジプトですが、一生に一度は足を踏み入れたい国ではないでしょうか?!!

一生に一度の(はずの)新婚旅行にセレクトしたって良いよね。

ところでエジプトといえばイスラムの国、ってことは皆さんご承知の事実ですが、先ほど得た情報では、エジプト航空さんによる機内においては、酒類が一切提供されないんやと!!(涙)
かなぴ~14時間(>_<)
はしゃぎすぎとも思える夫を冷ややかに横目で(でも思いやりをもって)見つ…ビールとワインを購入!!
とにかく行ってきまーす。

でもありがたいのは、イスラム国では肌の露出はタブーなんで、夫の露出気味スタイルを制裁できるってこと(b^-゜)
久しぶりに長ズボン、長袖を身につけてくれました。

ではまたもやしばらくの間、ネット上から去ります。
[PR]

by atsu_com | 2008-02-22 22:33 | 旅・バイク | Comments(0)

★アメリカ日記(5) 「コカ・コーラ発祥の地」の巻   

ジョージア水族館を出ると、すぐ横に隣接する「ワールド・オブ・コカ・コーラ」という、コカ・コーラボトラーズ社のパビリオンみたいなのがあります。
アトランタはコカコーラの発祥の地なのね!(缶コーヒー「ジョージア」はここから由来か)

コカ・コーラの歴史(?)が楽しく紹介されており、最後は「各国のコカ・コーラ」が飲み放題コーナーもある。

b0010882_2145558.jpg
コカ・コーラといえばおしゃれげなイラスト広告。
コカ・コーラのトレードマークは世界の98%の人々に知られているんだそうな(By地球の歩き方)。
確かにどこの国に行っても見かける・・・
(FUJI FILMも・・)


b0010882_2173556.jpg
いろいろ飾ってあるよ。
日本で見かけるものも、ここに飾ってあるよ。


b0010882_2181071.jpg
見所は、入ってすぐに見る アニメの上映でしょうか。
コカ・コーラの魅力を伝えるというコンセプトのこのアニメ、もちろんすべて英語なので、完全に理解など出来ません。
でも、笑える・・・
アメリカン・ジョーク(?)がちりばめられたこのアニメに笑う、アメリカ人の笑い声に、笑える。
アメリカン・コメディ(たとえば「アーノルド坊やは人気者」)に挿入されるアメリカ人の笑い声とおんなじ笑い方で笑っていたから。
「ヒャーヒャッヒャッヒャ」みたいな(^^;)

あ~、ほんとにこうやって笑うんだ~ という感動。

日本人の笑い声の代表は「志村けんのバカ殿さま」で挿入されている笑い声なんでしょうね。(おばさまの声が多い)

私事ですが、小さい頃、コーラは”危険な飲み物”だと教えられて育ってきたので、親に隠れて、こそっと飲んだものでした。美味しいとは特段思わなかったけれど、なんか大人になった気がしたものでした。
中学生の頃は、焼酎をコーラで割って飲むのが流行りました。(おい!)
この飲み方で「お酒って美味しいんだ!楽しくなれるんだ!」と感動したものでした。・・・子どもね。
今となっては、焼酎はお湯割りかロックだろ!と思います・・・ 大人だ!
高校生の時 「コーラって、実は原材料が何か不明・企業秘密なんだって!」という話を聞き、ほとんど飲まなくなりました・・・ というか、炭酸飲料はあまり好きではない。(ビールは別)

実際、原材料は不明(企業秘密)なのである。地球の歩き方によると・・・
1886年、アトランタのダウンタウンの薬局で、ジョン・ペンバートンという薬剤師が作った飲料水が売り出された。風邪薬を開発中に偶然出来たというが、コカの葉などを使ったシロップの調合はいまだ秘中の秘とされる

だそーだ!やっぱり危険な香りがする・・・ うちの母は正しかったのだ。
[PR]

by atsu_com | 2007-07-30 21:17 | 旅・バイク | Comments(12)

★アメリカ日記(4) 「ジョージア州立水族館で癒されて」の巻   

b0010882_23164366.jpg

2日目朝一のアトランタ観光は 「ジョージア州立水族館」(Georgia Aquarium)です!規模が米国No1(by地球の歩き方)とのこと。水族館好きのオイラには楽しい時間でした。
やっぱり、こういう所に来ると、”今度は彼氏と~!”という気分全開になりますなぁ♪


b0010882_23383493.jpg写真は、ここの水族館名物でもあるスナメリ君(porpoise)。
駄目だ!可愛すぎる!
ずっと見ていても飽きない。
このスマイル・・・ 可愛いょ


b0010882_23305792.jpgエイ(ray)を触れるコーナー。
私も触れました!
つるっとしたマッシュルームの様ですね。
ガイドのお姉さんが If you can touch, you'll be happy!
と言っていた(と思う、そう、聞こえた)。
ってことは、私は幸せになれるのねー!と一人喜び。


b0010882_23321290.jpg浦島太郎、龍宮城にて失踪中。
犯人は・・俺。



b0010882_2333672.jpgMommy!
Look at otter!
オッターがおったー!
otter=カワウソ  発音が難しい。
でもこっちの子どもたちは英語の発音が上手やわ!


b0010882_2335935.jpgカラフルなイソギンチャク(anemone)たち。
カラフルな熱帯魚ばっかり食べてると、自分自身もカラフルになる。
美白を目指す人は、白いものを食べましょう。


b0010882_23361660.jpg「Japanese crab」(日本のかに)と紹介されていた。
だけど、彼は英語が理解できる。
アメリカ歴が長いので。


b0010882_23394352.jpg

この子(くらげ(Jellyfish))の動きに癒された。
美しく、ゆれる。
なぜ癒されるのだろう?
彼にストレスが無いからだろうか。


b0010882_23405110.jpg

だから・・こういう場所には彼氏と来たくなるんだってば!

※写真ばかりだな・・という不満は言わないでね♪
 あなたを癒すために・・無駄口なしの記事にしましたの。

[PR]

by atsu_com | 2007-07-23 23:43 | 旅・バイク | Comments(2)

★赤目四十八滝へ   

b0010882_2258234.jpg

b0010882_22582389.jpg

梅雨が明けきらない鬱蒼とした日曜日…、マイナスイオンと癒やしを求めて、名張市の赤目四十八滝(初)へハイキングって来ました。

天然クーラーの効き具合は最高。気分も上々。
明日も仕事に行ってみるか~!という気持ちになりました。

こんな単純な私は幸せな人間だなぁ~

皆さんにもたくさんの良いことがありますように。
[PR]

by atsu_com | 2007-07-22 22:58 | 旅・バイク | Comments(6)

★アメリカ日記(3) 「グッモーニン、Mom」の巻   

海外、いや海外でなくとも旅先での朝歩きは、違った街の一面・自然の一面が見れて面白いものである。
初日は(時差ぼけのせいか?)目覚めがよく、友人との待ち合わせ時間まで早めに出発し、人通りの無いアトランタ市内をウロウロしてみた。
人が居ない、居ないな~ と思って通りすがった空き地には・・ 人間がゴロゴロ寝ていた。
コワッ!コワイワッ! と、そ~っとその場を立ち去りました。

友人のホテルに近づくころには、人もちらほらおり、私を見て
 「ッモーニン、マーム!」 とあいさつをしてくれる人が多い。
もちろん「ッモーニン♪」とほほえみ返し。

だけど、だけど、なんで「マーム」なのよ!? ママ?私はママに見えるの?
相手がおっさんだったら何と言うのかしら? 「ッモーニン、ダーッ(dad)」になるのか?

私が下した結論 → 「マーム」ではなく「マダム」と言っていて、マームと聞こえるだけだわ。

友人と合流して、この話をしたら、
友人 「違うよ、本当にMomって言ってるのよ。こっちの人は何故かしらないけど、他人の私にMomって挨拶するのよ。 あたしはあんたのお母さんじゃない!って突っ込みたいんだけど」

友人曰く、「英語ってよー分からん時がある」らしい。英語の意味が分からないというのではなく、なんで、こういうときにそんな言い回しをするん?は?ということ。

たとえば 「come on」。
そのままの意味なら 「おいで!」とか「さあ、行こう!」みたいな。
だけど、相手がジョーダンを言ったり、ちょっとヘマした時に 「come on!(かッむぅおぉぉお~~ん)」 と使うことがある。
訳すとすれば、「おいおい!」、「やれやれ(-_-)」 みたいな。
(洋画でもこういう時につかってる場面を見かけますね)
なんで、おいで!が、やれやれ!になるわけ? と、よー分からん。

言葉の文化みたいなもんなんでしょう。

日本で、外国人が 「おいおい!」と使っていたら、この人はずいぶん日本暦が長いんだろうと思ってしまいます。
外国人側から言わせると 「なんで oi-oi ? 変な言葉」と感じているのでは。
日本語もなかなか難しい言葉で、oi(おい) を例に考えてみたい。

oi (オイッ!) =中高年の男性が、wifeを呼ぶときに使用。(hey, listen)
うちのoi =甥っ子(nephew)
o-i (おーい!)=遠くに居る人を呼ぶときに使用。
oioi (オイオイッ!)=諦め加減の突っ込みの時に使用。(come on!)
oioi 泣いてたぞ =声をあげて泣く様子。cry
oioi 説明します= めんどくさい時に、課長を安心させるために使う便利な言葉。(before long)
[PR]

by atsu_com | 2007-07-21 21:07 | 旅・バイク | Comments(4)

★アメリカ日記(2) 「ああ、日が長いー!」の巻   

(つづき)
アトランタっていうと何をイメージされるのでしょうか?
・オリンピック開催地
・風と共に去りぬ系
・キング牧師生誕の地
・コカコーラ・ボトラーズ発祥の地
・CNNの放送センター
どれも正解です。ちなみに私はガイドブックを見るまでは 「オリンピック開催地」っていうイメージしかありませんでした。

街散策ということで「オリンピック記念公園」にやってまいりました。
ここでは「噴水ショー」が有名なようです。

b0010882_2335010.jpg←一日4回行われる「噴水ショー」にタイミングよくありつけました。
音楽に合わせて、水が上下・左右・縦横無尽に吹き上がります。

こちらに来て思ったのですが、「日差しが痛い!」のです。紫外線指数、かなり高い。
普段は塗らない足に日焼け止めを塗らないと、やってらんない激しさです(>_<)

公園を去る頃・・
b0010882_2362336.jpg←アトランタ警察(?)のバイク隊が整列しておりました。
治安がアメリカ国内ワースト3位(by地球の歩き方)である、ここアトランタの警備にこれから当たるのでしょう。
それにしても、鍛えられたポリスマンのBodyにうっとり(*^^*)


こちらに来て発見したこと。「日が長い!!」
夜9時でも、夕方並みの明るさです。
実は、緯度でいうと奈良とアトランタはほぼ同じ。
日本との日の長さの違いは、アメリカの位置が西にあることに起因しているのでしょうか。
太陽が沈む時刻が遅い・・・ ってこと?

ホテルに帰宅後も明るいので、ウロウロしたい気持ちが出てきたのですが、アメリカでは夜歩きはもってのほか!!なので、大人しく部屋でじっとしていました。

それ以前に・・・やっぱりまぶたが重すぎて・・・熟睡の境地へ・・・・

(つづく)
[PR]

by atsu_com | 2007-07-18 23:11 | 旅・バイク | Comments(8)