カテゴリ:雑記・アイデア( 41 )   

進化し続ける、ブログ。   

おはようございます。
久しぶりにブログ更新ページを開くとエキサイトさんから「○○機能の追加について」とかお知らせが複数入っているから、ツイッター(衰退気味と聞いたけど?)やフェイスブック(またもやSNS疲れとか聞くけど?)が主流になってきたといえども、ブログユーザーの需要もあるのだなあと、関心している次第です。

短いフレーズで投稿(つぶやき)できるのが便利と感じたこともあり、実名で書けることが楽と感じたり、友達の近況がニュースフィードで読めて便利と思うこともあり、それぞれの良さもある。
ちょっと長めの内容を書くにはブログがいいと、私は思う。(コメントとかイイネとか期待せずに書ける。ははは、読者も少ないからね)

使い分けというやつでしょうか。

タイトルは私のブログのことではないのですが(^^;)、進化ではないですが、閉じることなく一応続けようとなんとなく思うのであります。
[PR]

by atsu_com | 2014-11-03 06:16 | 雑記・アイデア | Comments(0)

テスト   

テストってイヤですね。
でも前向きに捉えてみると、挑戦のひとつとも思えます。
自分の力を試す場。

しかし、誰かに”テストされる”のは本当にイヤですね。
この世に「小学校受験」というのがあるようです。有名私立とかです。
この受験にはペーパーテストの他に、本人(子)の面接、親の面接があるそうです。
受かるためには、親子ともボーっとしては居られません。
その「面接に受かるための塾」というのもあるようです。(なかなかお金がかかりますね)
面接の練習、コツ、良い仕草、など習うのでしょうか。とにかく事前に想定しておくことは有効なことかもしれません。
さて、本番を想定した面接が塾で行われました。
面接官が2~3名いる目の前に、子が座る椅子が用意されています。
年長さんの年齢の子が、緊張して、ドアをノックして面接室に入ります。
すると・・ 自分がすわるべき椅子の上に、紙くず(ゴミ)が置かれていました。

一体どうしたらいいんです?どうするのが正しい(評価が良い)んでしょう?そもそも正解があるんでしょうか?
大人っていやらしいなー、なんだよ、この面接~、と思いましたが。

ちなみに、うちの親戚の子は、座る時にお尻でポイと、紙ゴミを払い落として座ったそうです(笑)
いいんじゃないですか、個性があって。
[PR]

by atsu_com | 2012-01-08 17:13 | 雑記・アイデア | Comments(2)

栗原はるみのレシピ本   

b0010882_22401190.jpg

ちょっと心の余裕などができて(笑)、図書館で栗原はるみのレシピ本を借りた。
マンネリ化した(というか・・手抜き化した)夕食メニューにちょっと喝を入れるため!!

栗原はるみさんの季刊レシピ本「haru_mi」は、レシピ本ではあるけれども栗原さんのライフスタイルとかこだわりとかも満載している本(雑誌)である。
その中に栗原さんのエッセイがあって、「玲児さん(←旦那さん)と歩いて37年たちました」というタイトルで、旦那さんへの感謝とか尊敬とかについて書いてあるんですねーー。
「私の玲児さんへの尊敬と感謝の気持ちはあのころ(結婚当初)と全く変わっていません。」って。
すげーなー、って思う・・。ずっと、ってことでしょ。

もし(笑)、私が旦那と37年間歩んだとして、その時にエッセイ書くとしたら
「結婚当初は ”なんて素敵な男性を見つけちゃったんだろう、私♪うふ♪” なんて思ってたのも束の間。あなたは、【内容はココでは略】・・・でガックリしました。でもまあ、37年間振り返るとトータルしたら感謝はしています。」
ってな感じやね。。
感謝はね、ま、日常、ちょこちょこ助けてもらってるので多々あるんですけど、尊敬って・・・・ 無い!
いやまて、頑張って探そう・・。
嫌み的に挙げるならば 「あっけらかんさ」には尊敬してまうわ。
良い的には、「私よりも二回りくらい大きい優しさ」かな。これは尊敬するな!

とはいえ拙者もまだ夫婦生活たったの4年の身・・ 修行が足りませんな。
夫を助ける妻(これが私の理想なんよ、ほんまは!!)、をめざし、心身共に磨きとうございます。
[PR]

by atsu_com | 2011-11-07 23:24 | 雑記・アイデア | Comments(2)

希望の家   

まわりが次々とマイホームを購入していく。
(「まわり」とくくってみたが、大人数というほどでもないが。)

この歳にして、まだマイホーム願望がない。(資金面、ローンがイヤ)

願望は無いが、希望はある。

・まわりの風景:田園とか山のある景色。
・庭があること ガーデニングはしない。洗濯物を干すスペース、キャッチボールをするスペース、BBQをするスペースとして。
・木造建築がいい。奈良県産材。
・平屋がいい。
・縁側を作りたい(庭に面して)。
・隣との距離が近すぎない。
[PR]

by atsu_com | 2009-08-05 00:03 | 雑記・アイデア | Comments(2)

会議というものは・・・   

こんばんは、Atsuです!

会議というものは勤め人であらあば、一度や二度は経験するもの(っていうか、もっと沢山!)。
決められたテーマに沿って、なんらかの結論を出す目標を持ってやる会議。
意見交換的な会議。(・・これは会議というのか?)
一方的に説明をする、説明会的な会議。(・・これは説明会?)
などいろいろあるが、一番つらいのは、だらだらと時間だけは費やしたが、結論や方向性が出ずに終わった会議(つまり実質は終わっていない)。
なんだったのか!?と思う。
こんな平社員の私だってヒマなワケではない!

それと、仕切役が一体誰なのか分からない会議・・いや、ホントは君!主催者の君が仕切らなきゃいかんのだよ!?と突っ込みたくなる会議。仕切役がこんなんだから、余計に「終わり」というラインが引かれない。

しんどいな。他のみんなもきっとしんどいんかな。

★本日のススメ★
「まずは、飲み会幹事役を仕切ってみよう! 始まり(乾杯)があって、終わり(一本締め)があって、結果が残る(会計&満腹)」
[PR]

by atsu_com | 2008-10-14 18:56 | 雑記・アイデア | Comments(0)

米寿だよ!全員集合~!   

先月、実家の母から「今年はおばあさんが米寿よ」と聞かされて、1年間違いしていた私は大あわて!
なにかお祝いの企画をしなくっちゃ! 盆なら子・孫が集まるし盆にやろう~って、1週間前に決まったところ(^^;)。
米寿の話題を周辺に振りまいていたら、「ちゃんちゃんこ」に関するネタが浮上。

夫の両親曰く、「米寿なら、ちゃんちゃんこを着せてあげると、本人は意外と喜ぶョ{%音符webry%}」
あっつ 「え?ちゃんちゃんこって、還暦のときじゃないんっっすか?」
夫の両親 「米寿の時は、黄色のちゃんちゃんこ なんよ。うちの母の時も・・・」って写真を見せてもろた。

おっしゃ~、ちゃんちゃんこや!と決めてネット検索したら
~ 米寿のちゃんちゃんこの色は地方によって異なります ~
なんだと。へぇ~?

島根の友人に確認すると「この間やった時は紫のちゃんちゃんこ用意していたよ」
島根は紫か~?
美容室のお兄さんに話題をふると「うちは、米寿の時も赤のちゃんちゃんこ でした」
彼の実家は三重県らしい。
ここらの人に聞くと「黄色や金色やね~」
関西は黄色?

悩むね。母に相談したら 「は?なんで、ちゃんちゃんこ?」という始末。そんな慣習はないのか?
まあいい、とにかくちゃんちゃんこを買う。そして盛大に祝う。

そして、もう一つ浮上したネタが 「米寿の時は、本人の手形{%パーwebry%}を、祝ってくれた人に渡す」のだそうだ。
これも、関西風のようだ。これもおもしろそうなので、やってみたいと思う。

そして、また聞いたネタだが 「米寿は孫が中心になって祝う」のだそうだ。私は子(母たち)が中心と思っていた。孫の年長として私は頑張ろうとおもう。

孫に祝ってもらえるなんて、考えただけでも幸せなこと。
自分もそんな風に米寿を迎えれるよう、一日一日を元気に楽しく生きようと思う。
[PR]

by atsu_com | 2008-08-11 16:07 | 雑記・アイデア | Comments(0)

夫との入浴   

はい、ココで質問。「夫婦で一緒にお風呂に入っていますか!?入りたいですか?」っちゅうことです。
私は「一緒に入りたい派」です。
夫は「いや~ん、ハズかすぃ~派」です。
そういう夫の裸見知りの性格のせいで、私たちはこれまで別風呂だったのですが、最近とある事情から、初めて一緒に入ったのです。(我が高級マンションのなんとも狭い風呂に・・。)

前置きは良いとして、一緒に入るといろんなものが見えてきました!(いやらしい意味じゃないょ!)
その1 夫のシャンプーについて
 ニョロ~ニョロ~、と大量のシャンプー剤を直接頭の毛にゴシゴシ!
 {%びっくり1webry%}妻注意! 「それでは禿げるぞ!シャンプーは1プッシュ!頭につける前に手で泡立てる!髪の毛を洗うのではなく頭皮をマッサージするように指を使って洗う!」
 ↓
 指導一週間後 夫「最近、髪の毛にふんわり感がもどってきた{%ハート1webry%}」

その2 夫の洗顔について
 これまた洗顔フォームをニョロ~、ニョロ~と大量に、顔に塗りつける!ゴシゴシ!
 {%びっくり1webry%}妻注意! 「説明書を読め!量は1cmで、お湯を加え手のひらでしっかり泡立てる!手で洗うのではなく、泡で包むように優しく洗へ!やさ~しく!」
 ↓
 指導一週間後も やさ~しく、泡でゆっくり洗っている姿は微笑ましい。

その他、とにかくボディーシャンプーにしろ、歯磨き粉にしろ、男子というものは大量に使う傾向があることを発見した。きっと皿洗いのときの洗剤も大量に使っているのではなかろうか。
こういった指導で、洗剤類の消耗速度を抑えられれば、家計にも良いので、皆さんも一度一緒に入ることをおすすめする。

最初の頃は「各種指導」でうるさい入浴だったが、指導を守る夫のお陰により、最近は「普通の会話」をしながら入浴出来るようになりました。
[PR]

by atsu_com | 2008-08-04 20:28 | 雑記・アイデア | Comments(0)

夫の服装に関する考察   

夏ですね、本当に。しかも梅雨も明けずにじっとり~んと。
夫は相変わらず自転車通勤を続けているんですが、片道14kmもこいでいるとそりゃ暑いんでしょう・・。
あっつ「ねぇ、そんな格好で通勤して、会社の人に ”藤崎マーケットみたい”って言われへんの?」
夫「何?藤崎マーケットって?」
夫の最近の通勤スタイル、まさに藤崎マーケットなんですよ。Tシャツよりも袖の無いノースリーブが好きらしくて、しかも白が好きらしくって、短パンもピチッとしたのが好きらしくって、そして適度なハイソックス。
あっつ「とにかく会社についたら、”ラララライ♪”ってステップ踏んでみたら分かるからさ・・。」
ああ、なんか恥ずかしいわ(*^^*;)って気がしてくるんですワ。

先日、一緒に県立図書館に行く時も「マジでその格好で行くん?」と思いました。Tシャツの袖がうっとうしいらしく、その袖をグルグル巻き上げてノースリーブ風にして、そしてスポーツ短パン&雪駄(つっかけ)。
あっつ「そんな格好で図書館に来てる人はおらんよ。一応、公共の場なんやからさぁ・・。せめてジーンズに履き変えんか?」
という説得も駄目だった。リラックスして勉強したいんだそうな。
でも、ぐるぐる巻きの袖だけはまっすぐに伸ばさせた。(ワキ毛が飛び出すから・・)

図書館に行ってみると・・ もっとリラックス系の人がおりました。(たいてい、おじさん世代)。下着っぽいランニング+ヘロヘロの短パン+下駄の人とか、甚平の人とか・・・。
夫は得意げでした。「ほら、いいんだって別に、自由で。」

ま、いいんだけど、いいんだけどさー。
[PR]

by atsu_com | 2008-07-11 20:23 | 雑記・アイデア | Comments(0)

躾(しつけ)の3原則   

引き続き、きもの学校へ通い続けておりますが、カリキュラムにはきもの(着付け)以外のことも含まれていて楽しいです。
たとえば、「美しい話し方」、「お客さんへのお茶の出し方」、「冠婚葬祭のマナー」、「日本の年中行事」、「時代衣装」etcなどの講義があるんです。

先日は校長の講義で「きもの教育の心得」っちゅうのがあり、その中で人間の躾(しつけ)の話がありました。

校長「躾の3原則をご存じですか?」

何だろう・・・ 私の予想では①挨拶、②お箸の持ち方、③掃除(笑)かな~??と思ったのですが、みなさんいかがでしょう。

校長の講義では
①あいさつをする、②脱いだ靴をそろえる、③開けた戸は閉める、とのこと。

校長「では皆さんにお聞きしますが、『脱いだ靴をそろえる』のは良いことですか?」
生徒A「良いことです。」
校長「では、『脱いだ靴をそろえる』のは当たり前のことですか?」
生徒B「はい、当たり前のことです。」

つまり、躾っちゅうのは「当たり前のこと」なんだそうです。当たり前のこと・・・・ が、出来ているかどうか・・。
ちなみに自分が育った家は祖母と父の躾が厳しく、特に②と③はについてはしょっちゅう怒られてました(^^;)。
その他、あっつ家では、人の頭をまたがない、ご飯の上をまたがない、食事の時は左手も出す、ご飯粒を残さない、等がありました。みなさんの各ご家庭でもいろいろあることでしょう。

私も長期の一人暮らしを終え、家族(現在は夫のみ)との生活がはじまりましたので、無意識に・・夫を・・躾たり・・しております・・ね。こういうのは早め早めの指摘(やんわりと?)が大事と聞きますので頑張っております。そして、ほんの少しでも躾(教育?)の成果が見えますと、ますますダンナ様が素敵に思えます!!

(追伸)
逆に・・実は私も躾られております・・いろいろと(汗)
[PR]

by atsu_com | 2008-07-08 20:21 | 雑記・アイデア | Comments(0)

新婚旅行に関する考察   

長期ハネムーン(新婚旅行)から帰ってきました。

その件で、友人(若手、既婚男子たち)とだべってましたら、「どうやった!?激しいケンカが一回くらいあったやろー?」と、興味津々のまなざし。
彼らの興味もわからんでもない。
良く聞く話だ、新婚旅行中のケンカ、そんなハズじゃなかった事件、意外と頼りないのねアナタ事件etc・・。
聞いてきた彼らも、ケンカして奥さんがホテルを飛び出した事件、ケンカで嫁に引っかかれて顔に猫傷事件などがあったそうな・・・。
そ、そんなに激しーんや!
そんな話を聞くと、私たち二人が如何に穏やかであったか。まさにナイル川のように緩やかで、ピラミッドのように揺るがず、ヌビア砂漠のように寛大で。
ああ、エジプトという地が、私たち夫婦を大きな気持ちにさせてくれたのかもしれない・・。
ショコラン!(=アラビア語で ”ありがとう”)

Myダンナ様の場合、
旅行当初 予想してたとおり・・・ 海外にビクついている!(笑)
旅行中盤 私に教えを請う姿勢。 「両替して、は英語でなんて言うんだ?」
旅行終盤 俺がやるから!の姿勢。 

成長してくれた・・・ この新婚旅行で。
ショコラン。
[PR]

by atsu_com | 2008-04-22 21:44 | 雑記・アイデア | Comments(0)